AnthemとかSubstanceとか家畜眼鏡とかE:rrorとか

8月になりAnthemまで残りわずかとなってきました。
今回で5回目、そしてラストになるわけなのですが、周りからラストって言わない方がいいんじゃない?とか言われたりもしましたが、Anthemは楽しすぎるから今回がラストって言わなきゃやめられないし、なんで今回がラストなのかって言うのは知ってる人は知ってると思うけどまぁ色々あるじゃないですかという感じです。

僕は中学生から大学4年までずっとゆずを聞き続けて青春時代を過ごしていたわけなのですが、アパレルをやってた時代に付き合いでというか社交場としてクラブにはちょいちょい行ってはいたけどクラブミュージックとかは全く興味がもてずその頃も家ではゆずばっかり聞いてました。
そんなときに友達にアニソンイベントやるから遊びに来てよって言われて初めて行ったのがE:rrorというアニソンイベント。
初めて行ったアニソンイベントはとにかく楽しかった。
今考えるとCDJもほとんど触った事ない素人DJがばかりの酷い物だったと思うけど、そこから僕にとってクラブは楽しいものになった。
そこからその誘ってくれた友達経由でE:rrorの中の人と仲良くなって自分もE:rrorのスタッフ兼DJをするようになった。
今回のAnthemに出るだーやま君は4回目のゲストだし、濱君は5回目、料理さんは6回目、団長は9回目、melo君は初めてクラブでDJしたのはたぶんE:rrorだったと思う。
そこらへんの人と出会ったのはE:rrorだった。

家畜眼鏡の相方であるチャーリーと出会ったのはアイドルイベントの転換DJで一緒になった時だった。
チャーリーとよく遊ぶようになってE:rrorのオーガナイザーのはるちゃんのすすめで大阪の電刃に遊びに行ったのが割と今みたいな感じの音楽に興味を持ち始めたきっかけだった。
まずコバ爆のDJを見て今までDJする手段はCDJしか知らなかった自分は本当に衝撃的でなにやってるのかまったく意味が分からないけどめっちゃやばいし楽しい!!
それがきっかけでチャーリーとなんか楽しい事やろうって始めたのが家畜眼鏡。
大阪電刃での一番大きな出会いは5364さんで、とりあえずDJうますぎて踊りもせず手元ガン見して、DJ終わった後に声かけ行ったのは今でも覚えてる。
ここで5364さんに出会ってなかったら今こんな感じにはなってなかっただろうなって思います。

家畜眼鏡を始めてすぐ出会ったのがナブさんで名古屋でこんなに楽しくできてるのは本当にナブさんがいてくれたからだと思う。
周りの人にも恵まれて家畜眼鏡が関西に呼んでもらえるようになってそこらへんで出会ったのがMoonbugの松本さんとノボさんだったり化級生のやーさんだったり。
その頃の自分にとっては『Dしました』ってツイートだったり『MOGRA』だったり『シエスタ』だったり、特に『アニメトロ』と『ヌオー』には強い憧れをもってました。
まだ半分くらいしか達成できてないけど家畜眼鏡の唯一の目標はアニメトロ出演だし。
そんな中でチャーリーと始めたのがSubstance
1回目
http://tweetvite.com/event/erax
2回目
http://tweetvite.com/event/7qvr
今見てもかなり面白いパーティーだったと思う。
岡田君、トーフ君やkimさんと知り合ったのもだいたいこの辺で、今の自分からは想像着かないけど名古屋の普通のエレクトロとかのクラブの人とかにも興味もってもらいたいって思ったりしてROCTRAXのBAZZ君呼んで、トーフ君、岡田君、ニッチさんあたりと一緒にやってるのもかなり面白かったなって思います。
本当に毎回楽しかったんだけどそんな人も入らず、東京でやったらなんか変わるんじゃないかってことで3回目のSubstanceはMOGRAでやったわけなのです。
Substanceの3回目からフライヤーデザインがシンペイさんになりました。
3回目
http://tweetvite.com/event/mrbu
これもかなり面白いメンツでめっちゃ面白かった!
でも慣れない土地だしMOGRAは最高だったけどキャッシャーをやってるとせっかく自分が好きで呼んだ出演者が見れないという不完全燃焼な感じ。
東京っていう人口が多い土地で、僕らの中では最も話題のMOGRAで最高の出演者集めてパーティーしたのに結果は名古屋とそう変わらない。
その時集客できないのは土地のせいでもないし、箱のせいでもない、出演者のせいでもないし、結局オーガナイザーのせいなんだなっていう結論になったわけです。
オーガナイザーは出演者の情報を告知でいくらでも使えるわけだし、開催する土地も、箱も、出演者のラインナップも、タイムテーブルも自分で全部好き勝手決められるんだから集客も内容も言い訳できないんだよなって。

そんな中で自分が100%満足する為に、1番大好きなクラブであるMAGOで、大好きなDJとトラックメーカーだけ集めて、たとえ同日にどんな凄いイベントが被ってても、うちのパーティーが一番やばいしかかってこいよって言えるようなパーティーをしたいって始めたのがAnthem。
本当は1回だけのつもりだったけど、楽しすぎて気付けば今回で5回目そして最終回。
1回目
http://tweetvite.com/event/anthem
2回目
http://tweetvite.com/event/anthem2
3回目
http://tweetvite.com/event/anthem3
4回目
http://tweetvite.com/event/anthem4
5回目
http://tweetvite.com/event/anthem-last
本当に毎回最高な事しか起らなかった。
最高すぎてあげだしたらきりがないけど、特に2回目に合わせてDTTNとシュガーズがダブルトラブルをリリースしてくれた事と、4回目のAnthemで大臣とPR0P0SEがラストLIVEしてくれたのは嬉しすぎました。
Anthemがたぶん一番影響をうけたのはマルチネ就職説明会でシュガーズの二人、せいらちゃんと初めて見たのも就職説明会だし、去年と今年の冬のAnthemのDTTN/シュガーズ/PR0P0SEっていう構想ができたのは完全に就職説明会だと思う。
PR0P0SEに関してはたまたま大臣とテムズ君に別々にオファーしてたらうまいことPR0P0SEやることになったみたいな感じだけど。
Anthemが2回目から毎回録音するようになったのはsuisei is highの影響。
それ以降も自分が遊び行ったパーティーだったりインターネットで見たり聞いたりして色んな物の影響をうけて色んな人と出会って仲良くなって今のAnthemになってます。
本当は年始のAnthemでラストにしよと考えていたんだけど、去年の夏のAnthem終わった後、やーさんとオズさんが『また夏Anthemやろ!』って言ってくれたのが嬉しすぎて5回目が最終回になりました。
回数が増えるごとに自分でもやれる事が増えて、毎回最高だし毎回超詰め込んでるけど今回のAnthem本当に自分のクラブ遊び全部詰め込んだ感じで、自分にとってのヌオーだしアニメトロだしMOGRAだし就職説明会だしマルチネだし鯖缶だしアザマンだしその他色々含む最高の遊び場に出来たなって思ってます。
もちろん知らない人が興味もってくれるのも本当にすごく嬉しいけど、クラブで知り合った友達がたくさん来てくれたら嬉しいなっておもってます。

本当にAnthem僕の大好きな物詰め込んだので是非遊びに来て下さい。
そしてオープンからクローズまでめいっぱい遊びましょう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR